自己破産のデメリット※知らないとマズイ!

自己破産とは債務整理のひとつで債務整理とは借金の返済が困難となった際に実行する債務の整理になります。その債務整理の中には借金の減額をする任意整理と個人再生がありますが、自己破産は借金の減額ではなく、借金を帳消しにする方法となります。

これらの債務整理は借金の苦しみから解放されるといったメリットがありますが、当然様々なデメリットもあります。自己破産は保有している資産を換金して、そのお金を返済に充てる方法ですので、当然住宅や車なども手放さなくてはなりません。また家族の方の資産に関しては放棄する必要はありませんが、もしも連帯保証人になっていた場合には、その方の資産も換金しなくてはなりません。

自己破産のデメリットは、他にも信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。これはいわゆるブラックリストと呼ばれているもので、このブラックリストに載ることで借金をすることやクレジットカードを作ることができなくなります。この登録期間は自己破産の場合には7年から10年になります。

自己破産のデメリットは官報公告されるという事もあります。官報とは国の広報誌のことで官報を通して一般に知らされることとなります。この官報公告は住所や名前などが掲載されるのですが、その情報を見たヤミ金融などからダイレクトメールが届くといったデメリットが起こります。

このようなことが自己破産をすることで引き起こされるデメリットとなりますが、これ以外にも家族や友人などの信頼を失う事にも繋がりますので、慎重に考えてから行うようにしてください。